茂林寺

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

茂林寺

群馬県館林市堀工(たてばやししほりく)にある曹洞宗の寺。山号(さんごう)は青龍山。応仁二年(一四六八)創建。開基は赤井正光。開山は大林正通(だいりんしょうつう)。これより先、応永三三年(一四二六)守鶴が正通を招いて小庵(しょうあん)を結んだのにはじまり、千人法会に守鶴が持参したと伝えられる文福茶釜の伝説で名高い。

『日本国語大辞典』


また、茂林寺には文福茶釜の童話碑が残っている。
PICT31001.jpg


ぶんぶく茶釜 巌谷小波作

ブンブクブンブク音がする 夜なかに何だか音がする 屑やもむくむく起きだして のぞいて見たらおどろいた

見れば狸にちがいない さては化けたなこいつめと うとうとしたらこれ待った わたしやわるさはいたしません

かわりにいろんな芸をして お目にかけますこの通り たたく尾太鼓腹つづみ 屑やもかんしんするばかり

今もなだかい茂林寺の 文福茶釜のおはなしは だれも知らないものはない だれも知らないものはない

童話の一章より




文福茶釜と茂林寺

当山は分福茶釜の寺として知られております。寺伝によると、開山大林正通に従って、伊香保(いかほ)から館林に来た守鶴は、代々の住職に仕えました。  元亀元年(1570)、七世月舟正初の代に茂林寺で千人法会が催された際、大勢の来客を賄う湯釜が必要となりました。その時、守鶴は一夜のうちに、どこからか一つの茶釜を持ってきて、茶堂に備えました。ところが、この茶釜は不思議なことにいくら湯を汲んでも尽きることがありませんでした。守鶴は、自らこの茶釜を、福を分け与える「紫金銅分福茶釜」と名付け、この茶釜の湯で喉を潤す者は、開運出世・寿命長久等、八つの功徳に授かると言いました。  その後、守鶴は十世天南正青の代に、熟睡していて手足に毛が生え、尾が付いた狢(狸の説もある)の正体を現わしてしまいます。これ以上、当寺にはいられないと悟った守鶴は、名残を惜しみ、人々に源平屋島の合戦と釈迦の説法の二場面を再現して見せます。  人々が感涙にむせぶ中、守鶴は狢の姿となり、飛び去りました。時は天正十五年(一五八七)二月二十八日。守鵜が開山大林正通と小庵を結んでから百六十一年の月日が経っていました。  後にこの寺伝は、明治・大正期の作家、巌谷小波(いわやさざなみ)氏によってお伽噺「文福茶釜」として出版され、茶釜から顔や手足を出して綱渡りする狸の姿が、広く世に知られる事になりました。

[1]