職人三十六歌仙

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しょくにんさんじゅうろっかせん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

烏丸光廣卿撰三十六歌仙に擬して作る所なり。医師、陰陽師、仏師、経師、鍛冶、番匠、刀磨、鋳物師、巫女、盲目、源章、壁塗、紺搔、筵打、塗師、指物師、針磨、珠数引、桂女、大原人、商人、海士人、具足屋、糸屋、皮屋、縫物屋、弓師、靭屋、筆結、扇屋、彫物師、鏡屋、笠屋、桶結、転打、船人

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

烏丸光広卿の撰にして、各種職人三十六種を撰んで歌仙に擬したもの左の通り。

医師、陰陽師、仏師、経師、鍛冶、番匠、刀磨、鋳物師、巫女、盲目、深草、壁塗、紺搔、莚折、塗師、桧物師、針磨、珠数引、桂女、大原女、商人、海士、具足屋、糸屋、革屋、縫物師、弓師、靫屋、筆結、扇屋、彫物師、鏡屋、笠張、桶結、博打、船人。  (太田南畝―一話一言)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


さんじゅうろっかせん「三十六歌仙」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)