羅紗張り

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

らしゃばり Rashabari


総合


歌舞伎

月代を羅紗で張ってあり、重厚感を出した生締の鬘。額の生え際から両鬢の上部にかけて短い毛を立てた「立髪」つきは、「対面」の工藤に用いられ、敵役の凄みが出る。両もみあげに「シッチュー」という毛を付ける場合もあり、これは古風で精悍な味がある。その他、「琴責め」の重忠にも用いられる。