紅玻璃阿弥陀

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ぐはりあみだ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

紅玻瑠色を帯びた阿弥陀である、三麻耶は八葉蓮華の上にあつて五鈷杵を横たへ、杵の上に独鈷を立て、上に紅蓮を画き、その上に阿弥陀仏結跏趺座し、頭上五仏の宝冠を戴き、左右の手は定印に住し仏身及び衣は悉く紅玻瑠色である。これを画いたものに左の諸点あり国宝である。

京都知恩院蔵      一幅

京都府与謝郡成相寺蔵  一幅

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)