笛吹地蔵

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ふえふきじぞう


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

地蔵尊の頂に蓮華を被り笛を弄するの図にして、東山以後屢々図せらるゝ所なり、因由詳かならずと雖も、中古笛の名人に浄蔵なるものあり、笛吹浄歳の名世に高し、之より出でしものなるべきか、狩野探幽の筆(井上侯博所蔵及阪田實氏所蔵)其の他あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

地蔵菩薩の葉をかぶり、横笛を吹いてゐる姿である、また地蔵尊表現の一つであるが、出所は詳かでない。徳川時代からのものであるといふ。

狩野探幽に、中笛吹地蔵、左右仁王尊の三幅対がある。(井上侯爵家旧蔵)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


じぞう「地蔵」の項を見よ。(地蔵菩薩

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)