稲毛三郎

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

(?-1205)平安後期から鎌倉時代の武将。小山田(おやまだ)有重の子。妻は北条時政の娘。幕府御家人。武蔵稲毛を本拠とする。平家の追討や奥州攻めに加わり、源頼朝の京都行きに随行した。建久6年(1195)妻の死をいたみ出家。時政とともに畠山忠保の謀殺にかかわり、元久2年6月23日惨殺された。通称は三郎


参考 日本人名大辞典(online)平成20年10月16日