祇園豆腐

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

ぎおんどうふ


江戸時代、京都の八坂神社(祇園神社)の門前の二軒の茶屋で売られた田楽豆腐の料理のこと。豆腐を薄く短冊形に切り竹串をさして焼き味噌を塗り、道明寺粉(乾飯の粉)をまぶす。