百事如意

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ひゃくじにょい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

百合と柿の實と霊芝とを寄せたるものを百事如意といふ、謎語画題の一なり。文人画一家の好んで図する所にして、椿椿山、瀧和亭等に此図多し。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

百合と柿の実と霊芝を配したる謎語画題、百合と柿の字音を取りて百事に通はせ、霊芝はその形如意に似てゐるので、之を配し斯く題す、椿椿山、滝和亭、富岡鉄斎、山田介堂など好んで之れを図した。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


百合根と柿と霊芝を配す、霊芝を如意に擬す。(既出百事如意)      

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


柿に霊芝百合を配するもの。(既出百事如意

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)