玉津嶋

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

和歌山市和歌浦中、玉津島神社の裏にある奠供(てんぐ)山の古称。古くはまわりが海で、その山は島であった。

*万葉〔8C後〕七・一二一五「玉津嶋(たまつしま)よく見ていませ青丹よし平城(なら)なる人の待ち問はばいかに〈作者未詳〉」


”たまつ‐しま【玉津島】”, 日本国語大辞典, ジャパンナレッジ (オンラインデータベース), 入手先<http://www.jkn21.com>, (参照 2011-06-29)