狩野元信

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

かのうもとのぶ。

1476-1559。

室町時代の絵師。狩野派2代目。狩野派元祖狩野正信の子。狩野派の基礎を築き、「古法眼」と呼ばれた。 漢画系の水墨画法を基礎とし、大和絵系の土佐派の様式をも取り入れ、書院造建築の装飾にふさわしい日本的な障壁画様式を確立した。