熊野の娘侍従

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

池田宿の長者熊野の娘で、平宗盛に寵愛され都に伴っていた。 平家物語「海道下り」本文の中でこのような説話が述べられている。

宗盛に寵愛された侍従は、故郷の母が病気のため宗盛に暇を請うが許されず、かえって花見の伴を言いつけられる。 酒宴が始まっても心の浮かぬ熊野は舞を舞うが、にわかに雨が降ってきて花を散らすのを見て、 「いかにせん都の花も惜しけれど馴れし東の花や散るらん」 (都の春も惜しまれますけれど、こうしているうちにも、 馴れ親しんだ東の花が散るのではないでしょうか) と和歌をよむ。これを聞いた宗盛は侍従の心を哀れに思い暇を与えた。

この説話を元につくられた『熊野』という謡曲もある。