歌舞伎コンテンツ

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

「古典演劇の創造―能・狂言と歌舞伎」

 早稲田大学ならびに立命館大学の共同によるオンデマンド講義授業開発である。  授業の構成は、能と狂言合計7回、歌舞伎7回の計14回とし、狂言・能・歌舞伎の順で行う。歌舞伎コンテンツを担当講義するのは、立命館大学文学部教授で同大アート・リサーチセンター副センター長である赤間亮教授。立命館大学が活用の映像番組編集技術などを、駆使した授業コンテンツ。