歌仙

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

かせん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

六歌仙、三十六歌仙、新三十六歌仙、若しくは百人一首の人物一人を画きたるものを称して歌仙という。貫之、康秀等の図、即ち歌仙なり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

支那の唐の李白を詩仙と称するのに倣つたものか、和歌を詠むに堪能なる人の称、歌聖の次である、古事談六、亭宅諸道『四条大納言参六条宮被論申云、貫之歌仙也』  (大言海)

三十六歌仙、六歌仙など古来称せらる、各々その項(三十六歌仙六歌仙)を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)