榎本虎彦

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

えのもととらひこ


総合


歌舞伎

明治大正時代の歌舞伎作者。慶応二年和歌山に生まれた。大正五年没。 福地桜痴に入門、東京歌舞伎座に入り、明治三十九年、桜痴の死後そのあとをついで同座の立役者となった。純粋な創作は少なく、翻案や書替が多い。「安宅の関」「名工柿右衛門」「南都炎上量はどが代表作。