楳茂都流

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

うめもとりゅう


総合


歌舞伎

明治のはじめ大阪舞踊界に活躍した初世楳茂都扇性を流祖とする日本舞踊の一流派で、二世は大阪新町の浪花踊の振付演出をして知られ、三世家元の陸平は洋舞を研究し、新舞踊の創作にたくみで、宝塚少女歌劇、松竹楽劇部などに野心的な新作を発表した。