業平東下

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

なりひらあつまくだり


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

在原業平が東海道下向を題材とせるもなり「ありわらのなりひら」(在原業平)を見るべし。之を描くもの、古くは土佐の諸家、近世にては探幽、常信も画けば、浮世絵派のものまで之を筆にするもの多し。

狩野探幽筆(秋元子爵旧蔵)、

諸方光琳筆(岩崎男爵所蔵)、

同(久松男爵所蔵)、

狩野芳崖筆(出口徳永氏所蔵)

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

ありわらのなりひら「在原業平」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)