楓林停車

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ふうりんていしゃ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

満日紅葉の楓林に高士車を停めて秋の佳景を賞するの図、題して楓林停車といひ、文人画家の間に好んで図せらる、前に池大雅の筆(吉田丹次郎氏蔵及小室春三郎氏蔵)あり、第九回文展に小室翠雲の出品あり、支那画にては唐寅の筆(池田侯爵旧蔵)あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

満目紅葉錦繍を織るの楓林中に、高士車を停めてこれを観賞する図で、杜牧

遠上寒山石径斜、白雲生処有人家、駐車坐愛楓林晩、霜葉紅於二月花。

の詩から出てゐる、南画家の好むで画く処。

庚六如筆        池田侯爵家旧蔵

大雅堂筆  六曲屏風  岸上家旧蔵

米山人筆        福田山王荘旧蔵

小室翠雲筆       第九回文展出品

島田墨仙筆

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)