桜姫東文章

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さくらひめあずまぶんしょう


歌舞伎

 江ノ島の僧清玄は、稚児の白菊丸と心中する。しかし清玄だけは生き残ってしまう。  数年後、新清水寺の高僧となった清玄のところへ、京の名家の息女桜姫が尼になるためにやってくる。桜姫は父と弟は何者かに殺害され、重宝も奪い取られてしまっていた。 さらには屋敷に盗賊として忍び入った釣鐘権助に陵辱され、妊娠していたのだった。 桜姫が白菊丸の生まれ変わりと知った清玄は、桜姫につきまとうようになる。しかし、権助のことが忘れられずにいた桜姫は相手にせず、ついには誤って清玄を殺してしまう。 権助の女房になった桜姫は、生活のために女郎屋へ身を売り、風鈴お姫と名乗る。身についたお姫様言葉で人気を集めるものの、桜姫の枕元には幽霊が出るという噂がたつ。清玄の亡霊の仕業であった。 ある夜、清玄の亡霊から、父と弟を殺し重宝を盗んだ犯人が権助であると聞かされた桜姫であった。