桃園三傑

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

とうえんさんけつ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

支那三国の英雄涿郡の劉備未だ世に出でず、河東の関羽、涿郡の張飛と互に相善く、桃園に酒を啜って兄弟を盟ふ、遂に相抉けて天下三分の一を保つに至る、之を桃園三傑と称す、委しくは各人の条を見るべし、桃花の下三傑酒を啜するの図は諸家の筆に上る所なり、谷文晁の筆(信濃川村氏所蔵)あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

支那三国時代の英雄劉備玄徳、未だ名を為さず、河東の関羽、涿郡の張飛と交り深く三人桃園に会して兄弟の盟をなす。その桃下に三傑相会するの図は古来好んで画かるゝ処であり、谷文晁にもその作があり、近く山田敬中が第三回の文展に之を描き出品してゐる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


関羽、張飛、玄徳の蜀の三傑が、桃花の下にあつて義兄弟の契を結ぶの図。よく画かる。(関羽張飛劉備

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)