本読み

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ほんよみ


総合


歌舞伎

作者が新狂言の脚本を、一座中のものへ読んで聞かせる儀式。この日を顔寄せということもある。この行事は宝暦頃(1755)から正式に行われ、楽屋三階の大部屋で行うのが法とされた。この本読みが無事に終了すると確定とされ、俳優に書きぬきが渡される。