曽我の対面

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

そがのたいめん

曽我狂言の一番目大詰に演じられた場面で、工藤祐経と曽我兄弟とが初めて顔を合わせ、兄弟が仇討の決意を新たにする。大枠の筋は、

享保以降、江戸では初春狂言には各座とも曽我物を出すことが固定化され、この場が必ず出ることとなっており、しかも必ず新趣向をこらした新作であった。そがのたいめん


画題

画像(Open)


解説