明治維新

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

めいじいしん。

慶応四(1868)年、十五代将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)は政権を朝廷に返還し(大政奉還たいせいほうかん)し、徳川幕府は崩壊した。 これによって、これまで幕府の[[式楽](しきがく)として能を演じ、俸禄(ほうろく)を得ていた五座の役者は、収入を得る手立てを失い、おまけに拝領屋敷まで召し上げられた。 能界の破滅を思わせるような危機的な状況であり、維新の混乱によって多くの流派が断絶した。