斉藤別当実盛

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

このような敗走がおきた一因であると考えられる人物で、東国についての事情通であり源氏の兵たちを 「東国では、十五束の大矢を扱えなくては強弓愉快とは申しません。鎧二、三領くらいはたやすく貫くそうです。東国武士は馬を御するに巧みなうえ、親が討たれ子が討たれても、乗り越え乗り越え戦いますぞ。弔いために戦を中断する西国の悠長な戦いいぶりとは、わけが違うと思われよ。」と評価しており、平家の敗走の原因となったと考えられる。