敗荷落雁

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

はいからくがん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

秋風到りく万葉凋委、蓮葉枯れて水静かなる所、雁の游べるを図せるもの。

伝宋人羅窓筆に成るもの(朝吹常吉氏所蔵)あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

秋風吹き到つて万葉凋落し、敗荷水に委して静かなる所、天空より飛来する処を画く、蘿窓の作(秋元家伝来)世に聞ゆ、此図讃に曰く。

秋尽荷枯葉正黄、芦花吹雨過池塘、斜飛孤雁天涯底、回首江南道路長。

現代の作にもいろ/\ある。

榊原紫峰筆  『枯蓮双雁』  画集所載

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


がん「」又ははす「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


敗荷は枯れたのこと、これにを配す、晩秋初冬の花鳥画題である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)