振附

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ふりつけ


総合


歌舞伎

舞踊の振りをつける、すなわち歌詞と音楽にしたがってその踊り方を考案することをいう。 これを専業としてその考案した踊りを踊り手や俳優に教える者を振附師という。歌舞伎舞踊でははじめは出演する俳優自身が振附けていたが、次第に専門化して、ちょうど狂言作者が俳優から分化したように、振附も独立することとなった。 やはり俳優や囃子方の兼業時代があり、元禄期(1700年頃)に志賀山万作がはじめて専門家として立って以来、藤間勘兵衛、西川扇蔵、市山七十郎等多くの振附師があらわれて、それぞれの踊りの特色からたくさんの流儀が生れた。