彦六座

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ひころくざ


総合


歌舞伎

大阪の灘安という酒屋の主人(本名は寺井安四郎、のちに二世豊竹柳適太夫といった)が出演して、明治十七年一月博労町稲荷社内に建てた人形浄瑠璃劇場。 開場のころの紋下は竹本重太夫と五世豊沢広助で、のちには名人豊沢団平も加わり、文楽座に対抗してはなばなしく興行を続けたが、明治二十六年九月に開座された。