提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ゆか


総合


歌舞伎

舞台に置かれる道具で足のついた平な台。舞台の正面または上手に置かれ、多く義太夫が演奏され、演技の伴奏を行う。また上手の揚幕の上には常設の床があって簾が前にかけてあり、やはり義太夫が演奏される。これはチョボ床という。転じて太夫と三味線弾きのことを床といい、浄瑠璃のこともいう。