平沙落雁

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

へいさらくがん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

「せうしやうはつけい」(瀟湘八景)を見よ。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

有名な瀟湘八景の一であるが、単独の画題としても画かるゝもの多い、平沙は今の衡州であると、玉澗の画くところ、古来『雁の絵』として聞え左の讃がある。

点々随群旧処棲、蓼花芦葉暗長堤、天寒水冷難成宿、猶自依々怨別離。

この外平沙落雁の作極めて多い。

牧渓筆

横山大観筆  第十四回院展出品

寺崎広業筆  第六回文展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


瀟湘八景の一で、洞庭湖畔衡州附近の景といふ、玉澗の作最も有名であり、俗に『雁の絵』と称せられ、左の讃がある。

点々隋群旧処棲、蓼花芦葉暗長堤、天寒水冷難成宿、猶自依々怨別離。

なほしょうしょうはっけい「瀟湘八景」の項参照。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)