山越阿弥陀

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

やまごえのあみだ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

略して山越弥陀といふ、山を画き、その山の彼方に阿弥陀三尊の示現を画いたもの、時に日輪を以て弥陀の象徴としたものもある。藤原時代に、恵心僧都叡山の横川に隠遁した際、三昧中に感得して此の図を画いたといはれる。山の彼方に弥陀の楽土あることを示した仏画の一つである。

山越阿弥陀の作左の国宝がある。

京都金戒光明寺所蔵  山越弥陀地獄極楽三曲屏風(伝源信筆)

京都禅林寺所蔵    山越弥陀(伝源信筆)

冷泉為恭筆      (重要美術品)             大倉集古館蔵

近代の作には下村観山に力作がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)