尊勝曼陀羅

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

そんしょうまんだら


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

尊勝曼荼羅は息災増益延命滅罪の為め或は亡者の為め行はるゝ尊勝修法の曼荼羅にて尊勝陀羅尼を本軌とし八大仏頂中の一なる尊勝仏頂を仏頂中の最勝の尊とするなり、具図は大円内に九円を作り中円に毘廬舍那仏を画きその周囲には八仏頂を布列し左辺下に不動明王を三角の赤光中に画き、右辺下に降三世明王を全月輪中に画き、前には呑爐、上には天蓋を画くを法とす、此修法は藤原鎌倉の両時代に於て天台真言の両宗に於て屡々修められたるものにして宮中に於ても求願円満の祈祷として重もなる修法の一と数へられしものなり。

国宝近江園城寺所蔵、

東京護国寺所蔵、

京都醍醐寺所蔵、

高野山宝寿院所蔵

(『画題辞典』斎藤隆三)