宝楼閣曼陀羅

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ほうろうかくまんだら


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

宝楼閣曼陀羅は、密教に於て宝楼閣経法を修する際に用ひらろゝ曼陀羅なり。図式は宝楼閣経に拠りて組立てらるゝものにして、中心に七宝荘厳の宝楼を画き、之に主尊たる釈尊を置き、宝金剛菩薩及金剛手菩薩を左右に配し、閣前に七宝蓮華を作り、更に之等を繞りて周囲に四天王井天女等を配するを以て通例の様式となす。神戸川崎芳太郎氏所蔵、東京帝室博物館所蔵及京都宝菩提院所蔵等、何れも筆者不明なるも代表的作品となす。

(『画題辞典』斎藤隆三)