宝憧仏

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ほうどうぶつ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

胎蔵界五仏の一にして、胎歳界曼陀羅の中台八葉院の東方に位す。金剛界曼陀羅に於ては宝生仏に当る。其形像に大日経には「身如日輝」とあり。大疏には「如朝日初現赤日和輝之色」となす。曼陀羅上に描く所にては其身白黄色にして、右手与願の相を示し、左手を胸に充て、袈裟の角を握り、宝蓮華上に坐す。

(『画題辞典』斎藤隆三)