子日の遊

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ねのひのあそび


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

正月初子の日に野辺に出でて小松を根引きし遊宴することにして小松引ともいう、我邦の奈良朝の末より藤原時代に於て京都の上下に亙り盛に行はれたることなり、古来好画材として屡々画かるゝ所となす、

狩野養信、英一蝶等に此図あり、岡田為恭の作は大樹寺及柏原孫右衛門氏所蔵するあり。

(『画題辞典』斎藤隆三)