天香具山

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あまのかぐやま


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

大和国高市郡にあつて、畝傍、耳成と共に大和三山の一として聞えてゐる、海抜一四八米突に過ぎぬが樹木よく繁茂し、山の形が美しいので有名である。

いにしへの事は知らねど我見ても久しくなりぬ天の香山  (万葉集)

春過ぎて夏来にけらし白砂の衣乾したり天の香山     (万葉集)

山の形の美しいのと万葉集あたりの名歌が多いので大和絵の好画題となり、時に三山を三幅対などに描かれる場合がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)