天神記

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

■あらすじ

初段・2段目 藤原時平(ふじわらのしへい)の密告により丞相は流罪に。丞相を見送ったのは、寺子屋の子どもたち。その手に、梅の枝や松の枝。時平は丞相暗殺を計る。時平の家臣・兼竹(かねたけ)とその妻十六夜(いざよい)の子は丞相の御台所(みだいどころ)に育てられており、2人は主人の丞相暗殺の企てを阻止しようとし、十六夜は殺される。


3段目 十六夜(いざよい)の父白太夫(しらたゆう)は、代々菅家に仕え九州・大宰府に流された菅丞相(かんしょうじょう)に同行する。十六夜の兄荒藤太(あらとうた)は、丞相の暗殺を企みるが、十六夜が亡霊となって現れ討たれます。丞相が梅の木の下に逃れ、「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」という歌を詠むと、梅の花が咲いて丞相の姿を隠します。

4段目 菅丞相(かんしょうじょう)は天拝山に登り天に祈って雷神となる。

5段目 丞相の雷神は内裏(だいり)を襲い藤原時平(ふじわらのしへい)を2つに裂いて殺す。 そして、恨みが晴れて神の姿に変わります。