大名行列

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

大名が公的な外出のために整える行列。特に江戸時代、大名が参勤交代などの公の外出のときに整える行列で、定められた儀衛をそなえたもの。家格・石高・時代によって異なるが、おおむね先払い・髭奴・金紋先箱・槍持・徒士・籠・馬回り・近習・刀番・簾番・草履取り・傘持・茶坊主・牽馬・騎馬供・徒士などの順で構成されていた。