壽陽公主

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

じゅようこうしゅ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

壽陽公主、南朝宋の武帝の女なり、或日倉章殿簷下に假睡せるに、梅花額上に落ちて五出の花となり、払ふも去らず、後世之より梅花の化粧をなすに至れりという。

(『画題辞典』斎藤隆三)