呪師

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

しゅし。 平安時代に、広義の猿楽と見なされていた寺院芸能、またその演者のこと。修正会修二会などにおいて、その役僧である法呪師が担当した鎮魔除魔的な役を、散所法師と呼ばれる役者が代演するようになり、それが芸能化したものである。

法呪師と区別するために呪師猿楽・猿楽の呪師などと呼ばれた。呪師の芸は法呪師の鎮魔除魔的な性格を受け継いでおり、これが翁猿楽にも継承されていると考えられる。