周公握髪

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しゅうこうあくはつ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

周公丹は文王の子にして武王の弟なり。曽つて其の髪を洗ふ際、人民の訴訟を為さんとして目安箱を持ち来るものあり、其時周公即ち髪を握りて起ち、直に其訴を聴断せりという、教訓画として図せらるゝ所なり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

周公旦は文王の子、武王の弟である、髪を洗ふ処へ、人目安などを持つて来る時は、髪を洗ひさして之を見た。  (後素集)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)