吉弥結

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

きちやむすび。
延宝頃、初代上村吉弥が始めた帯の結び方。天明頃まで流行が続いた。 東洞院の紺屋の娘、お春の帯から始ったという。