十六王子仏

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

じゅうろくおうじぶつ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

法華経化城喩品に出づ、三千塵点劫の昔、大通智勝仏の王子にして、後成仏せる十六仏のことなり、阿閦仏、須弥頂仏(以上東方)、師子音仏、師子根仏(以上南方)、虚空位仏、常滅仏(以上南方)、常相仏、梵相仏(以上西方)、阿弥陀仏、度一切世間苦悩仏(以上西方)、多摩羅跋栴檀香神通仏、須弥相仏(以上西北)、雲自在仏、雲自在王仏(以上北方)、壊一切世間怖畏仏(東北)、釈迦牟尼仏(娑婆世界)是なり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

十六王子仏は大通智勝仏の王子で、成仏した十六仏のこと、法華経化城喩品に出づ、これを左の諸方に分つ。

東方(阿閦仏、須弥頂仏)、南方(師子音仏、師子根仏、虚空位仏、常滅仏)、西方(常相仏、梵相仏、阿弥陀仏、度一切世間苦悩仏)、西北(多摩羅跋栴檀香神通仏、須弥相仏)、北方(雲自在仏、雲自在王仏)、東北(壊一切世間怖畏仏)、娑婆世界(釈迦牟尼仏)。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)