剡溪訪戴

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

えんけいほうたい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

剡溪訪戴は支那の故事なり、子猷曽つて山陰に居る時、或る夜雪霽れて月色清朗皎然たり、独り其の好景に対して酒を酌みて左思が招隠詩を詠じてありしが、忽ちにして戴安道の剡に在るを憶い、即刻舟を命じ之に乗じて剡に赴く。方さに至りて安道が門前に抵りしが、之を叩かずして帰る人怪んで其故を問う、答へて曰く、本と是れ興に乗じて赴くのみ、興尽くれば即ち帰る、何の奇か是れあらんと、之を剡溪訪戴という。

久隅守景画く所(鹿鳥氏所蔵)あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)