初代 歌川豊国

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

明和六年-文政八年 東洲斎写楽や喜多川歌麿などの画風を取り入れ、時勢を読む鋭い感受性でもって寛政末期から歌川派を勝川派をしのぐほどの勢いに盛りたてた。 美人絵よりも役者絵が得意で、似顔絵師といえるほどであったという。 国芳は彼の弟子である。