提供: ArtWiki
移動: 案内検索

つくだ


総合


歌舞伎

下座音楽。川や川岸の場面に使われるもの。 柳橋芸者がお客を吉原に送って行く時に、舟中で弾いたことから起ったという。唄を入れる時は「吹けよ川風」「佃々と」など。「十六夜清心」稲瀬川の幕切れなど。