今様薩摩歌

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

いまようさつまうた


総合


歌舞伎

戯曲、2幕5場。岡鬼太郎作.大正九年十月、二世市川左団次市川猿之助市川松蔦等によって初演。

笹野三五兵衛は、千草屋の娘おまんと密通して父から勘当された。従兄に当る武骨侍菱川源五兵衛は、この二人の身柄を預るが、ふとおまんに恋心を覚え、二人の仲をさいておまんを我が物にしようとする。ついには三五兵衛と果し合いになり、三五兵衛は死ぬ。おまんは恋人の刀でそのあとを追う。女心の一途な強さを知った源五兵衛も、その場で切腹して果てる。 二世市川左団次の当り役の一つで、武骨な武士が浴後に酒をくみながら、聞こえてくる新内に耳を傾け、ふと不覚な恋に落ちて行く条が秀れている。