仇討狂言

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あだうちきょうげん


総合


歌舞伎

お家物に含まれるもので復讐を主題とした脚本のこと。この種の狂言は非常に多い。寛政(十八世紀末)以後特に多くなった。「曽我」「仮名手本忠臣蔵」「伊賀越道中双六」は歌舞伎の三大仇討狂言である。