人丸

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

人丸  『月梅摂景清(つきのうめめぐみのかげきよ)』 

参考 「歌舞伎登場人物事典」白水社 古井戸秀夫編 2006年4月

景清の娘。日向にいる盲目の父に官を取らせようと、身を売って金を作り、左次(さじ)太夫を供に父を尋ねていく。しかし父は娘のことを思い、初めは名乗らない。里人の案内で再び対面し、父子と名乗る。その後、景清はわざと娘を邪険に扱い、島から追い立てる。ここまでは原作の『嬢景清八島日記』と筋は同じだが、後半景清の祈りによって人丸は島に吹き戻され、番場忠太(ばんばのちゅうた)や郎党どもとの立ち回りがある。

嘉永元年(1848年)正月、江戸中村座初演