三国演義

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

別称は「三国志演義」または「三国志通俗演義」。晋の歴史家陳寿の編纂した正史『三国志』をもとに羅貫中がまとめた歴史小説。『三国志』が魏を正統とするのに対し、蜀を正統の王朝とみなす。


日本への影響

日本へは近世初期に渡ったと思われ、天竜寺の僧によって訳出された『通俗三国志』によって親しまれた。 義太夫浄瑠璃や洒落本にも「三国志」の名が見られる。 多くの読者に読まれ、その主要人物や名場面は常識として周知されるにいたった。


・参考文献

『日本古典文学大辞典』  岩波書店1983年