一蔕六実

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

いったいろくじつ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

一の蔕に六個の石榴の果をつけたるものを描く、『符瑞志』に、晋安帝の時、武陵の人臨阮、石榴の実を献じた、即ち一蔕六実であつたと、帝嘉瑞としてこれを嘉したとある、湯田玉水に其の作がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)