さわり

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さわり


総合


歌舞伎

義太夫浄瑠璃の用語。 (1)義太夫節に、文弥節・土佐節など義太夫節以外の節を取り入れた個所で、他の節にさわっている意味である。 (2)のちには一曲の聞きどころ、すなわちくどきというべき所をさわりというようになった。たとえば「艶姿女舞衣」の洒屋の段の「今頃は半七さん……」など。